スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な贈り物

海外に暮らすようになってますます、大人になってますます、

自分宛に届く荷物やお手紙の嬉しいこと!


今日は本当に素敵なものが日本からはるばる海を越えて私の元にやって来てくれました。


IMG_0205.jpg

ブログを通じてお友達になったいつも優しい「kayoさん」から・・・♡

遅くなってごめんね、のお誕生日カードとお手紙も入っていました。どのシールも剥がしてとっておきたいぐらいかわいい♪♪
またkayoさん、惜しげなく使ってくれるの(笑)

もうお手紙だけでもかなり私のテンションあがりまくりだったんですが、中を開けるとこんなに素敵なリースがっ!!!

IMG_0206.jpg

わざわざの私のためにオーダーしてくださったとか!色もサイズももうドキュンって感じでした!!

そして我が家の玄関から見える暖炉の壁にかけさせていただくと・・・

IMG_0212.jpg

いーんじゃないですか?!?! 奥に見えるカーペットもピンク系なので色が合ってる♪♪

あーーーーーーうれしいなぁ!!クリスマスに向けてお客様も増えるし、こんなシックで素敵なリースを飾ってお出迎え出来るなんて最高!!


本当に本当にkayoさん、どうもありがとうございましたっ!!
そしてkayoさんとお知り合いになるきっかけをくれたアメリカのnorikoちゃん、ほんとにありがとう♪♪






FC2のブログランキングに参加しています。よろしかったら応援お願いいたします♪

スポンサーサイト

花に元気づけられて

「緑の指」を持たないはずの私が・・・

IMG_4874.jpg

今回はよっぽど相性のいい蘭ちゃんに出会えたんでしょうね。あれよ、あれよと次から次に新芽が!

IMG_4875.jpg

頭が重くて茎が折れちゃいました。割り箸で補強ってのがなんとも私らしい・・・せめて竹串よね(笑)無かったの・・・


いくら鉢を回しても太陽の方を向く蘭ちゃん。
自分の人生に何がいちばん必要か分かってるんやねー。

凛とした揺るぎない姿勢に元気づけられました。
今日も頑張ろう。明日はまた来る・・・


ドイツはスーパースターを探してる

と、言う番組がやっている。なぜかドイツはこういう番組が多い。1つ終わって売れない歌手を世に送り出したかと思うとまた次の番組が始まる。

11月かけて予選をおこなって男子10名、女子10名しぼったところ。今日はボーイズが10人スタジオで観客を目の前にして歌った。次に誰が残れるかはテレビを見てる私たちが電話をかけて何番が良かったか投票するシステム。
じゃあ、友達多い人が優勢じゃんって毎回思うけど、やっぱり素人の私たちでも誰がうまくて誰が下手かぐらい分かる。
ビートルズの「イエスタデー」を歌ってうちのこうしちゃん(パパ)を「え?イエスタデーってこんな曲やったか?」と不安がらせたうちのottoでさえもうまい下手ぐらい分かる。
それから「スーパースター」って言うぐらいやねんからルックスも必要。
でもま~た売れない歌手つくってどうするんやろうって正直不思議。

でもなんだかんだ言って毎回番組が始まる前までにきっちり息子を寝かしつけお風呂まで入って、ソファに陣取ってる自分がイヤだ。
ほんと娯楽に乏しい毎日です。

でも娯楽に乏しい毎日でも今日は楽しかった。お友達のかわいいかわいいMちゃんが来てくれた。
Mちゃんとはネットで知り合って(未だに慣れない響きだわ)実家が結構近かったからもっと親しくなれた。若いのに、ちゃんとこっちで仕事見つけて自分の好きな事して偉いなあっていっつも思う。
ceyにもとってもかわいくて渋い木のおもちゃをくれて、親子共々Mちゃんファン。
きれいなお姉さんが好きなのは間違いなくパパ譲りなようです、うちの子。

という今日、水曜日。
ottoはサッカーのトレーニングから汗だくで帰って来て「絶対2キロ痩せてるはず~!!」と体重計にウキウキと飛び乗り、速攻大ショックで飛び降りた。
男35歳、そう簡単には痩せないわよ、パパ。

ビアンカ

こちらにも「Bianca」というメロドラマがある。正確にはドイツのテレビドラマだがお昼時放映されている。ストーリーはお金持ちの息子(オリバー)とその家のお手伝いさんの恋愛物語。オリバーには異常に髪の長い奥さんがいて、異母兄弟と妹がいる。そしてこのお手伝いさんがビアンカ。配役からしてすでにオリバーとビアンカの方がお似合い。私も毎日見てるわけではないのだけどそれでもストーリー展開が読めるという単純なもの。このドラマにはまってる人がうちの義両親。昼の放映をビデオに撮って夕食後かかさず見ている。
このドラマ、特に日本のややこしい人間関係、ありえないシチュエーションのドラマを見てきた私にとっては幼稚で単純でちょっとかわいい。ストーリー展開には期待できないので私は違う着眼点でこのドラマを見ている。
例えば、あるシーンでオリバーのお母さんはイヤリングを片方付け忘れてた。またはビアンカが朝食をとるシーン。パンをナイフで半分に切ってると机がちゃちいのか異常に揺れてオレンジジュースがこぼれる勢いだった・・・などなど。
またこの家お手伝いさんがビアンカも含め6~7人はいるのだけど、そんなに仕事あるの?って感じ。いっつもみんな台所に集まってお茶飲んだりしゃべったりしてる。そんな仕事なら私もしたい。
それから一応お昼のメロドラマを意識してかラブシーンも多い。以前義両親の家で一緒に見ていた時ビアンカとオリバーが内緒で3日間だけ別荘で過ごすというシーンで正直困った、困った。
テレビをつけると急に騒ぎ出す義母のインコのジョージーも大興奮。せき払いするのもおかしくottoよ早く帰ってこい!と願った。
でもなんだかんだ文句をつけながら今日もビアンカを見てしまう。

そりゃないよ

夕食後ottoはソファに座ってテレビを見、私はアイロンをかけていた。
アイロンに集中しないとやけどしそうなのであんまりテレビは見てなかった。

ottoがボソッと「動物の赤ちゃんも人間の赤ちゃんもなんか表情が似てる時があるね」と言った。

「そう?」と顔を上げてテレビを見てみるとそこにはカバの赤ちゃんがいた。
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。