スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンティストとは君のこと。

9月のとある週末、私の三十路の誕生日と1年目の結婚記念日がやってくる。あえて誕生日の日に結婚しなかったのは、誕生日と記念日のプレゼントが一緒だったらイヤだなあというなんともセコイ考えから。
まあ、ほんとはもともと誕生日とか記念日にあんまりこだわらないので、(なんせイベント熱低い人だから)誕生日の次の日ぐらいが覚えやすいかなってな程度。

日本に里帰りする前にottoに言っておいた。「これから結婚記念日も忘れちゃうぐらい忙しくなるかもしれないし、最初ぐらい一緒にお祝いしようね。お互いどんなことしたいか考えとこう」
私と息子を空港に迎えに来て、その帰りの車の中でottoが「ceyを預けてukoと2人で週末を過ごしたいんだけど、どう思う?」って聞いてきた。え~cey預けて?!?!
ってまだ帰ってきたばっかでそんなこと頭回らないんですけど・・・って感じだった。ceyを預けるとなると以前のムービーナイトのようにお乳を絞って冷凍して義母に預けてって大変じゃん。しかも週末2泊。以前みたいにバカみたいにお乳が出なくなったからきっと粉ミルクを使わないといけないし、お風呂も入れてもらわないといけないからベビーバスも持って行って・・・
どうして男の人ってこうなのかしら?特にうちのottoは私あってのceyで、妻あっての家族みたいなところがあるから、付き合ってた当時よりもより一層の愛情を感じる。贅沢な悩みだとは思うけど、たまに的が外れてるんだよなあ。いやあ、確かに2人でたまにはステキでしょうよ、でもねなにも8ヶ月の息子をおいて行かなくても・・・と思っちゃうわけ。
母親ってやっぱり子供優先で自分のことは後回しって考えだと思う。子供ができたからには単位は「家族」で「夫婦」ではもはやないみたいな。

でもこの考え方をちょっとずつ変えていかないといけないのかも。特に私はこの国で外国人で居心地の悪い中で子育てをしている。そしてたま~にottoに爆発する。でもotto曰く、男のできることって所詮たかがしれてて、妻を外に連れ出したりすることしかできないと言う。
確かにおむつ替えしてもらったら自信がないみたいでもう1度私がチェックしなくちゃなんないし、息子がもどせば「ママ~!」って叫ぶし、服を着替えさせてもらったらどこの田舎の子やねん!って格好をさせられた。
つまり・・・これは日頃頑張ってる私へのご褒美、まあ誕生日プレゼントだと思って思いっきり楽しむべし!という結論にいたった。それにお乳飲ませなくていいからお酒も解禁だ~い!わ~い!ってそれをottoに言うと、「今回の旅行はちょっとグレードが高いからそんな飲み方はできない」って、私がどんな飲み方すると思ってんの?出会った当初の私ではすでにないし、30でっせ!しっとりとおいしいワインをいただきますよ。

さてさて、ロマンチストのotto。まだ行き先を教えてくれません。飛行機に乗るまで内緒だそう。ここは無理に調べようとせず素直について行くことにしましょう。


スポンサーサイト

あ~現実。

悲しいかな、スイスからです。帰りの飛行機、ceyはほとんど眠らず、ハイテンションでアテンダントさん達の人気者だった。満席だったけど、お隣も1歳半の男の子のオーストラリアンの家族で仲良くしてもらった。

さて、着いた次の日から現実・・・主婦はつらい。6週間、姫をさせてもらってた私にはきつい。でもここでブルーにならず、ottoのため、ceyのため頑張らなくては。
ottoはやっぱり寂しかったらしく、やけに口数が多い。冷蔵庫を開けては「トマトもチーズもね、ヨーグルトもほら、買っといたよ」と冷蔵庫が満杯なのが好きな私のため、彼なりに頑張ってくれたみたい。夕食(ラクレット)の時も「トマトおいしいね~チーズおいしいでしょ?」ってあんたが作ったんちゃうやろー!と言いたかったけど、「うん、ありがと。おいしいね」と言っておいた。いつかottoが私の胸の内を知るマシーンなんかを手にいれたら困るな・・・

ceyは「ボク、寝なくてもけっこういけるじゃん!」と思ったのか、帰ってきてからお昼間、ほとんどお昼寝をしなくなった。6時には起きるし、眠りにつく時は必ず私の手がいる。
私の手を握りしめて、右に左に振り回す。「ママの手」っていう商品がいつか出ないかしら。手を使われるとほんと何もできなくて困るのよね。

昨日、日本から荷物が到着。最初の1こ目。え?何個送ったかって?3個・・・機内に持ち込んだ荷物も含めると総重量100キロ!!!姫のお里帰りはすんごいお荷物だったとさ~(いや、本当に本当に両親に感謝、感謝です。今朝は練乳たっぷりのパンを食べました。幸せ!)

さよなら~!

ほんとあっちゅーまの6週間だった。初里帰りも今日で終わり。明日ottoの待つスイスへ帰る。なんだかんだ言っても6週間は彼にとって長かったようで、最後の1週間は指折り数えていたらしい。
たしかに、お座りが不安定だった息子はしっかりとお座りをするようになったし、歯も生えてきた。6週間ってこの頃の子供にとっては大きい。今は6週間離れてた主人に会いたいというよりも、こんなにも成長した息子を早く見せたいと言った感じかな。

それよりも荷物どーしよ・・・はっきり言ってceyはこの夏、まこちゃんお手製の甚平さん(2着)とパジャマで乗り切った。1枚もスイスから服を持って来なくても「これどうするの?」って言うぐらい買ってもらったし、いただいた。2人目の子供を産む時は、時期を考えて産まなきゃ、だって夏服山盛り!
帰りのトランクの制限は親子で30キロまで。すでに30キロの荷物をSAL便で出してもらってる。そしてもう1つ30キロ級の荷物を送る予定。すごい荷物だ!私だけでジーンズとパンツ合わせて9本買ってもらった。足、2本しかないのにね。でもね、お直しなんて全然してくれないスイスでパンツを買うのは困難なのです。

ひゃ~心残りはありません。したいこと、欲しいものリストもほぼうまり、大大満足の里帰りだった。来年、また帰ってこれたらいいなあ。(←あまりの出費に両親の顔、ひきつってるだろうなあ。)

Karada Scan

まこちゃんがおもしろいものを買ってきた。今、SMAPの慎吾ちゃんがテレビCMしているオムロンのKaradaScan。だいぶ前、慎吾ちゃんは体をしぼったはずなのに、久しぶりに見たら、なんだかまた太ってる。で、オムロンとタイアップしてどうもまた痩せるらしい。
こうしちゃんは高血圧だから肥満体では決してないのに、以前にお医者さんから体重を落とすよう言われてて、まこちゃんは美容と健康のため2~3キロ痩せたいらしい。
まずは年齢、性別、身長を記録させる。そして、早速、家族全員で測定した。ズボン分を測定されるのはしゃくなのでみんな下はパンツ一丁(どんな家族や)
じゃじゃ~ん、と発表するほどの数値は誰も出なかったんだけど、うちの両親二人の体年齢は実年齢より10歳も若くてビックリ。

ちなみに今年三十路を迎える出産後の私の数値は、体年齢28歳(微妙)、体脂肪率23%、BMI20とごくごくふつーの数値だった。
でもなんと言ってもまこちゃんが一番驚いたのがこれだけのものが1万円ちょっとで買えてしまうことらしい。
ちなみに、この測定器では、体重、体年齢、BMI、体脂肪率、内臓脂肪率、骨格筋率、基礎代謝量が測れます。
すごいね、オムロン!

ceyちゃんのひとりごと 6

ceyちゃんでちゅ。いや~まいりまちた。だって3日間もたかいお熱でちゅよ。もうクタクタでちゅ。それにきょうからは体にポツポツがたくさんでてきまちた。かゆくはないでちゅけど、ちょっとかっこわるいでちゅ。
ママはceyちゃんのりにゅーしょくをお休みして、だいちゅきな「りんごのすりおろし」をくれまちた。
え?あれに薬が入ってたんでちゅか?ceyちゃんたくさん食べまちた。
だましまちたね!

ceyちゃん、日本に来て太ったって言われまちゅ。だいちゅきな「プチバトー」は「プチプチバトー」だって言われまちゅ。
でもフランスの赤ちゃんはあんなに細いのでちゅか?気になりまちゅ。

初熱

息子が産まれて初めてお熱を出した。日曜日、まこちゃんが「あれ?ちょっと熱いな」って言って計ってみたら、平熱よりも1度高い。もともと赤ちゃんは平熱が高くて37.5度までは平熱の枠内らしい。でもなんだかぼーっとしてるし、いつもの怪獣がちょっぴりおとなしい。

日曜日、様子を見て月曜日小児科へ。って実は実家のお隣は小児科。徒歩30歩。先生に診てもらったら扁桃腺がはれてるとのこと。
とりあえず原因が分かってホッ。

6ヶ月を過ぎたあたりから、ぼちぼち免疫がきれ始めるみたいだから覚悟はしてたけど、やっぱり目の周りが赤くてぼ~っと知恵ザルみたいなわが子を見てると胸がきゅっと痛んだ。
あ~、足バンバンとか哺乳瓶をぶんぶん振り回して「うおー」とか言ってくれる方がなんとマシか・・・
お薬飲んで早く良くなったらいいな。パピに言ったらきっと心配するから言わないでおこう・・・

いくつになってもあまえんぼ~♪

ottoも我慢ならず昨日から友達とグランカナリアへ旅立った。たったの1週間だけど、太陽にあたりひたすら木陰で昼寝をするらしい。スイスの夏はもう終わりかな・・・(泣)

ceyは離乳食が進み、スイスに帰る頃には2回食に進みそう。日本では手軽に買える「かぼちゃ」もスイスでは季節もの。あってもえびすなんきんではもちろんない!
去年、私の両親が9月にスイスに来た時、ちょうど「かぼちゃ祭り」でおいしいなんきんに出会えた。今年はそれを何個も買って冷凍保存しておこう。それから日本で言うさつまいも。スイスでも一応、「甘いポテト」と言う名で売り出されてるけど、なんだか違う。
子供に食べさせたい日本の味はできるだけフリーズドライなんかの離乳食を買い込んでストックしておこう。
スイスに住むと決めた時から、日本のことはあきらめたはずなのに、この歳になっても、親になっても自分の両親に甘えまくってる。
お米が欲しいと言えば、お米を。うどんが欲しいと言えばうどんを。
は~いくつになってもあまえんぼ~♪ ほとんどカンペーちゃん状態です。(これ知ってるあなた、関西人?)
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。