スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パジャマパーティー

昨日は朝から少し調子が悪く、お化粧もせずに家でゆっくり過ごしました。
パパはまた仕事の関係で出かけるというので、一度帰って来たottoと息子に軽く夕食を作り、その後は息子と一緒にお風呂に早めに入り、DVD鑑賞をしました。

なんかまだ明るいうちからお風呂に入るっていう特別感が昔から好きで、息子にも一生懸命その旨伝えてみるも、

「パジャマを着る=寝る」

と思ってる息子にはかなり不評でしたが、チップスとアイスとDVDでようやく納得してもらいました。

最近、パパが「プリズンブレイク3」を購入しちゃって、夜な夜な夫婦でまーた寝不足の日ですが、さすがお互い堪えてきてるのか、週末以外は1話止まりです。

さて、息子とプリズンブレイクを見る訳にもいかず何を見ようかなぁと思って我が家のコレクションをあさってると、

「The Pacifier キャプテン・ウルフ(邦題)」

が出て来たので、これを見る事にしました。

ま、内容はどってことないのですが、5人の子供が出てくるので息子でも楽しめるかなぁと思って。
でもつくづく映画を見てると、「スイス=プライベートバンク」って言う位置づけですね。
スイスに住んでても庶民には関係ない話なんですけどね(笑)

ちょうどDVDが終わる頃、パパも帰宅。
息子は映画内でヴァン・ディーゼルがやっていたカンフーを披露。
もうとっくに寝る時間なのに、男共2人はカンフー対決をやっておりました。どこまでおちょけなんだか・・・(笑)

夏から幼稚園が始ったら、規則正しい生活を余儀なくされるし、いいよね、たまにはママとこんなダラダラな夜も!

まーたお風呂上がりのホカホカの体にブランケットを丁寧にかけてくれようとしましたが、今回は丁重にお断りしました。

またパパが遅い夜、一緒に「パジャマパーティー」しようね♪
スポンサーサイト

子持ち38歳男

昨日、車に乗って近所のスーパーに行く途中、車内でラジオを聞いてたんです。

ceyは、

「ラディオツーリーゼー!!(Radio Zuerisee)」

とそれはそれは気合いを入れて熱唱するのですが、最近、テレビでも音楽でも台詞や歌詞を聞いては自分で言ってみたりすることが増えたんです。

言葉が遅かった子なので、「おお、いい傾向だ」なんて最近思ってるわけなんですが、なんと昨日一緒になって熱唱しだした歌がこちら・・・


ホォーニィー

英語で書くとえらいトラックバックつきそうなんで(笑)

一緒になって「ホニ、ホニ、ホニ」と歌っておりました。本人はもちろん「フニクリ フニクラ」ぐらいにしか思っておりませんが(笑)



さて、昨晩はottoが昔からの友人(男性)と近くの町で会社帰りに会うと言うので、夕飯もゆっくりめだなぁとか思っていたんです。
この友人も2児のパパで、ま、すでに完全にファミリーマンって感じがするんですけどね。
こうやって半年に一度ぐらい会ってはお互いの近況なんかを報告し合うみたいなんです。
正直、奥さんも交えて、子供も一緒に~ってほど私も奥さんと共通点を感じられないんで、逆にありがたいんですけどね。

いっつも会ってもせいぜい2時間弱だからceyも私もご飯を一緒に食べようと待ってたんです。
それでもなかなか帰って来ない。ceyがお腹空いた~と言うので、携帯に電話させて「帰って来いコール」をしたんです。私がするとアレなんで、息子使いました(笑)

そしたら

「迎えに来てくれる?」

ですと・・・!

ま、場所的にも車で10分くらいだし、一般の交通機関を利用するより断然車が速いので、空腹抱えて迎えに行きました。

んで、車中、

「あのね、女性に今度飲もうって誘われちゃった~」

とか言うんです。

私的には結婚後そういう話は軽く無視なんで「ふーーーん」って聞いてたんですが、どうやら、昔、ottoに(珍しくも)興味を持っていた女性でその男性の友人とも共通の友人女性らしいのです。名前はAさん。

たまたまそのバーで出くわして、一緒に飲んでたらしいのです。
Aさん、私も昔に湖の辺りを散歩中に出会った事があって、でも眼中に全くなかったんで、完全にフリーパスの女性のタイプ(笑)なんですが、それでも「子持ち38歳男」を飲みに誘うとはええ根性しとるやんけ!(笑)なんて思ったんです。

otto曰く、ま、全然タイプでもないし友人以上は考えられなかったと言うんですが、それから彼女に同情するような発言をたらたら。

「もういい年だしね、独身ってきついよね」
とか
「女性が1人で生きて行くって大変だよね」
とか
「家族持つのもね、もう結構タイムリミットだよね」

とかなんとか、かんとか・・・


あのねぇ、妊婦の嫁を自分の都合で迎えに来させて、どうでもいい女の話を聞かせるなー!!!

空腹と妊娠を理由に少々ムッとしてやりました。
そしたらottoも気付いたのか、

「いや~ukoちゃんが運転するようになって大助かり」
だの
「今日はどんな一日だったの」
だの

なんだのかんだの・・・

うるさい、ビール2杯ぐらいでそこまで饒舌にならんでよろしい・・・

やっぱり男の人も何歳になっても女性に飲みに誘われるのってうれしいんでしょうかね。
例えそれが、自分より背の高いがっしりタイプの女性でも(笑)

夕食の献立、ムカついたので1品減らしてやりました(笑)



サマータイム

気がつけば、サマータイムに突入で、軽く時差ぼけをおこした週末。

土曜日はお友達を夕食に招いて、とても楽しい時間を過ごしました。
ceyは初めてのお友達とかちょっとだけシャイになるのだけど、しかも女の子だったんだけど、とても波長が合ったんでしょう、始終キャッキャいいながら遊んでいました。

ceyは午前中に「銀行からタダ券をもらった義理両親とパパ」と一緒に動物園に行ってきました。
案の定すんごい人だったらしく、

「なんで土曜日やのに7時に起きなあかんねん!」

とぶーぶー言ってたパパも納得だったようです。

開園前からすごい列で、ぶっちゃけまだチューリッヒ動物園に行った事のない私は、どんなもんかなぁと思ってましたが、動物がそれほど好きでもないので、連れて行ってくれる人にもっぱらceyを預けています。

朝からフルコースだったため、ceyは時間が来たら撃沈。
「ベッド行く~」とお友達残して寝ちゃいました。ごめんね、Aちゃん!

最近タイニーちゃんの蹴りが「おっっと!」ぐらいの大きさになり、妊娠中に伴う小さなトラブルもボチボチ出て来ています。
足のつり、お腹の張り、肌の乾燥、体温上昇・・・
妊婦ってことを忘れるぐらい、タイニーちゃんには楽をさせてもらってきたので、文句は言えませんが、気付けばceyを抱えていたり、ひょいっと重い物を持って、なんかずしんと来たりしてるので、これからはボチボチ気をつけないといけないなぁと思っています。

かわいそうになんでも簡単に済まされちゃう第二子。
優しいお兄ちゃんは、

「赤ちゃんが寒いって~!」

と言っては、ソファでテレビを見てる私にブランケットをかけてくれます。

ママ、むっちゃ暑いねんけどね、ぶっちゃけ・・・(笑)
でもありがとう!そういうあなたの優しさがママ、大好きです。




兄貴~!

銀河まで行けちゃいそうな、両親、叔父ちゃま、その息子との珍道中も1ヶ月をきり、ちょっとずつではありますが、準備を進めています。

かわいそうに、身1つでは来れない私の両親。
せっせと私の作成した日本食リスト(だって送りなさいって言うんだもん)の買い物をこなし、スイス入りする前にSAL便にて送ってくれるそうです。

なんでも「いっぱい」あるのが大好きなまこちゃん、


「大人が4人も増えるんだもん。タオルがいっぱいいると思って、もう買いまくって、お洗濯もして送るからね!」

恐るべし、主婦の着眼点。

それにしても1年ぶりに会える両親・・・
楽しみだなぁ~~~♪


最近のcey。
なんかとってもお兄さんぽくなってきました。
IMG_1824.jpg

ま、お兄ちゃんになるという自覚が出て来てるのもありまして、言葉遣いも兄貴~!

「あの~~~ちょっと牛乳飲んでもいいっすか~?」

「このイチゴ食べちゃっていいっすか~?」



・・・って誰っすか?あんた・・・
牛乳とイチゴって言うのがなんとも4歳児らしいけどもね。

あと何か頼んだり、お願いすると、

「りょーーーーかい!(了解)かしこまり!!!」


あんたは居酒屋か!



ママ言わんといて!

ceyを妊娠中の時、初めてのことで戸惑うことも多かったけれど、日に日に強くなる胎動を感じては、ママになる自分を想像してみたり、パパになるottoのことを思ったり、まだ見ぬ我が子を愛しく思ったり・・・

そんな中、実家のまこちゃんが送ってくれた「手作りおくるみキット」を一針、一針、思いを込めて刺繍したものです・・・



第二子?!いつの間にか大きなってるやん!!



あぁ、これじゃあまりにもかわいそうね・・・

早速またまこちゃんにお願いして、「手作りブランケットキット」を送ってもらい、先日からチクチクと始めました。

チクチクチクチク・・・チ・・・ク・・・

あかん、もう目が寄ってしまう・・・刺繍も読書に引続き素晴らしい誘眠効果があるようです。

てなわけであんまり進んでいませんが、ぶっちゃけ夏産まれのタイニーちゃんにブランケットはいるんかい?って話ではありますが、一応、ママの思い伝えておくわね(笑)



夏にはお兄ちゃんになるceyではありますが、たまーにこっちが、ほんと腰がくだけるような思いをすることがあります。

先日、義母宅に息子を2時間程お預けしました。
昔から服を人前で着替えたり、トイレに行ったりすることを恥ずかしがる息子。おばあちゃん宅ではなかなかトイレにも行けないので、いつも私が帰って来てから誘って一緒に行くってスタイル。

この日も数回誘ったものの、

「まだよ~出ないよ~」

と繰り返す。座れば絶対に出るから(笑)行けばいいのに、遊びに夢中で行かない。
ようやくトイレに連れて行くと、やっぱりちょっとパンツが濡れてる・・・

「ママ、なんて言ったっけ?もっと早くに行っておかないとね・・・」

と、突然、ceyからキス攻撃。

ブチュ、ブチュ、ブチュ、チュチュ、チューーーーー

「ママだいすき!!オーマ(おばあちゃん)に言わんといて!」


確かに若い頃は、文句をたれる私に彼が、

「つべこべ言うな!」

とか言ってワイルドにキスをしてくれる・・・

なんてことを女子校の友達とキャーキャー言いながら話したもんですけど、そんなワイルドな彼なんておらず(笑)

ってか、今、そんなことされたら軽くムカつきますけど(笑)

まさか、そんなことを息子からされるとは・・・4歳でっせ。
どこでそんなテクを?パパでも知らんのに(笑)


その夜、パパにそのことを報告すると、苦笑。

次の朝、なんかの話で意見しようとすると、

「ママ、ママ、その先は言わないで~」

とチュチュしようとするパパ。




あんたはもうええの・・・ceyやからかわいいの・・・

にらめっこ。

毎日、毎日お天気が悪く、ほんとーに春が待ち遠しいここスイスですが、それでも4歳男子との生活は変わらず・・・

朝8時半にはもう外に行く気満々でおります。
行くってたって、郵便局か買い物ぐらいしかないやん!(泣)

ま、私も運動不足なので、その辺はいいのですが、やっぱりたまに頑張りすぎるとお腹の張りを感じるときもあるので、ほどほどにマイペースでおります。



4月の両親と親戚のスイス入りが決まり、毎日のようにスイスの地図とにらめっこしています。
今回の旅のメインは「氷河鉄道」ってこともあり、その他は街を見たいってことで、でもなぁ・・・スイスの街ってなぁ・・・(笑)

如何せん狭いスイス、それでも全然知らない所ばかりなので、スイス旅行のエキスパートO様にメールをいただいてアドバイスを受けています!ありがとうございます♪

さてさて、珍道中(笑)
ottoのワインを数本くすねて、電車乗ってどこ行きましょうか~!
腹ぼてちゃんをすっかり忘れて、フットワークのかなり軽い私です。

子供の庭

ま~た雪がチラついてるここチューリッヒ近郊。

一日一回は外に出るという息子との生活も通常通り。
雪ならまだマシなんだけど、水分の多い雪が一番困る。足下びちゃびちゃだし、トラックが通る度に、ほんとヒヤヒヤ。
今朝もトラックの跳ねにかかって、親子でドブネズミみたいでした(笑)

私のお腹もだんだんと存在感を増すようになり、雪用のブーツを履いたり脱いだり、息子の服を着せたり脱がせたり・・・散歩から帰って来るとなぜか汗だく。あぁ、暑い暑い。


そん中、昨晩は夏から始まる息子の幼稚園の説明会でした。
小雪の降る中、ottoと2人で行ってきました。

約1時間の説明会を進行してくれたのは、ottoが昔教わった先生。
今は、現役を退いて、運営の方のお仕事をされているとか。わざわざ教え子だったottoに声をかけてくださり、「時が経つのは私が思っているより早いようだね」と笑っていました。
こういうところが、村のいいところだなぁと思います。

その先生の、

「キンダーガーデン。子供の庭です。十分な水と栄養をもらい、より多くの葉をつけ、実を実らせて欲しいと思います。」

っていうお言葉がとても印象的でした。


スライドショーでは園内の楽しそうな子供達の様子が写っていて、そこで遊ぶ息子の姿を思い浮かべました。

きっと初めてのことで親子共々、不安になったり、心配になったり、悲しくなったりすることもあるだろうけど、2年間、楽しい幼稚園生活を過ごして欲しいと思います。

めんどくさい訪問と楽しい春!

昨晩、またマンションの住民集会があり、マンション自体の問題点を弁護士さんを交え話し合いました。
ぶっちゃけ私が行っても全部理解(スイスドイツ語)出来るわけじゃないのに、なぜかいっつもottoは私と行きたがる・・・
なに?座ってるだけで威圧感でも?(笑)

でも12世帯集まると、それぞれの考えがあって、難しいのは事実です。

コストが発生しそうになる度に、いちいち金額のことを言う人や、全然集会にも来ない人・・・
ま、今の世の中、ご近所さんとむっちゃ仲が良い!なんて方が珍しいのだと思うんですけどね。


っていう我が家も、個人的にまーた弁護士さんに頼んでファイティング体勢です。それだけ色々訴えられる建設会社ってどうよ?!とも思いますが、まぁ、スイスでもずさんな工事は多々あるってことですよね。

で、その度に、我が家にしかも土足で!!工事の方達がやってくるもんで、鬱陶しいんです。
それにまたこちらは朝も早いときてる・・・7時30分とか当たり前ですから!!!

そして今朝は、お風呂の一部目張りと、床暖房の点検。
幸い、どちらの方も良い方で、私の顔を見るなり靴を脱いでくれました。
これまたそんな威圧感でも?!(笑)



そんなこんなの我が家ですが、春にはとってもうれしい訪問があります!
私の両親と、まこちゃんの弟とその息子!
一体どんな組み合わせ??って感じですが、まこちゃんの弟、すなわち私の叔父さまですが、この方がほんとなんともステキな叔父さまで!
以前、お友達のお医者様とおやじ2人オリエント急行で旅行をした時には会えず終いではありましたが、今回はなんとスイスに遊びに来てくれる!と言うのでとっても楽しみであります。

今回の旅の目玉は「氷河鉄道」
こうしちゃんとまこちゃん、電話の度に、「銀河鉄道」と思わず言ってしまってますが、彼らとなら銀河まで行けそうな珍道中になりそうです!!(笑)


私もスイスに住んでいながらまったく行く機会のなかった、サンモリッツ、ツェルマット。この春はバルコニーのえせサンモリッツではなく、本物を味わえそうです。
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。