スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢

もうそろそろアラフォーだってのに、未だに私の夢はティーンの頃のようにリアルで時にドキドキ、時にワクワクなのですが、

今朝は久しぶりに号泣して目覚めました。

心臓はバクバク。あまりのリアルさに本当に夢で良かったとただただ感謝。


場所は大きな駅。
修学旅行生がごった返す駅のホーム。

探せども、探せどもkayが見つからない・・・

大きな声で呼んでも、ついさっきまで見えていた姿が見当たらない・・・

すると1人の高校生ぐらいの男の子が止まってる電車の車両のつなぎ目を指差して

「あ・・・」



ホームの下を見ると、最近お兄ちゃんのおさがりだけど喜んで着てるスイスサッカーチームのユニフォームとkayの細い足が見える・・・

思い出しただけでも涙が出るーー・・・


多分、すんごい大声で叫んだんでしょうね、ottoが飛び起きて、ハグしてくれましたが、しばらく胸のドキドキと涙を止める事が出来ずにいました。


すぐにkayの部屋に飛んで行って寝顔を見に行くと何も知らずにすやすやと夢の中。

この子にはほんと驚かされます・・・って勝手に私の夢だったけど。


それでも本日、ottoの友人宅にてそこのお嬢ちゃんがこいでたブランコと激突。

正夢なの!?って思うぐらいの激突音でしたが、大事に至らず。
そこの奥様先見の目があってか、わざわざブランコはゴム製のものを購入されていたんです。


お姉ちゃんがブランコをこいでる前方で妹ちゃんがシャボン玉を飛ばしていて、大人も子供もそれに見とれてブランコの前を通ったkayを見てなかったんですね・・・

今朝の夢の後だったので、私がかなり動揺してしまいましたが、幸い本当になにもなく済みました。
コブも出来てないなんてどんだけ石頭なの?って思いましたけどね。

ほんとこの子は抱きしめても、抱きしめてもするっと行っちゃうそんな子です・・・

でももしかして「気をつけなさい」という暗示なのかも。
お兄ちゃん中心の行動をしてるとどうしてもチビの行動に目がいかなかったり、当たり前のようにお兄ちゃんに混じってやんちゃしてることもあるんです。


子供達の安全確保を肝に銘じたそんな日でした!




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。