スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプキンシャワー

土曜日、メッセからの帰り道、農家の軒先に「かぼちゃ」の文字を見つけ(いや、もちろんドイツ語ですよ)立ち寄ってみた。
こっちはハロウィーンの飾り用から食用まで色んな種類がある。
でももちろんお目当ては日本風かぼちゃ。なんとなくそれっぽいものをチョイス。

日曜日、早速調理にかかる。ottoはかぼちゃのスープが好きなので(今秋4回目ぐらい)4分の3個はスープにした。
まずはたまねぎをスライス、ベーコンは細切り。かぼちゃは皮をむいて一口大に。
バターでたまねぎとベーコンを炒めて半透明になったらかぼちゃを入れてヒタヒタの水を入れて煮る。沸騰したら塩。
かぼちゃが柔らかくなったら火を止めてミキサーにかけてなめらかにする。

ミキサーまではいつも通りにうまくいった。ただいつもと分量が違う。
週末旅行に行ってた義理の両親の分も作ったのでいつもより多い。
そんなこと、まったく気にせず、ミキサーに全部入れて、スイッチオン!!!

ミキサーの蓋、飛びました。

キッチンの至る所にかぼちゃの黄、黄、黄!私のTシャツ、メガネ、髪にも黄、黄、黄!
ほんと、私ってバカ。仕事増やしてどうするよ。
その後、小分けにしてミキサーかけて鍋に戻してブイヨンで味を調えて、こしょう。
牛乳で薄めて、仕上げに生クリームとクルトン。

めげずに残りの4分の1個で「かぼちゃパウンドケーキ」まで作った。
夜、ottoにスープとケーキを持たせて義理両親宅へ。私はそそくさとシャワーへ。
でも、スープもケーキもとってもうまくいって大満足。でもどっぷり疲れた。
さ、明日からまた1週間。しっかり睡眠とっておかなくては!
おやすみなさい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。