スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴下のかたっぽ

ottoは物持ちがよい。こう言えばとても聞こえがよいが、単に物を捨てれない人なのだ。私はこっちに来る時にほとんどのものを処分した。それでも両親が用意してくれた食器やら衣類やらその他諸々を含めると段ボール11箱になった。うちのottoはわずか徒歩2分の両親の家からこのアパートに引っ越したわけだが、ほとんど全て持って来たようだ。とんでもなくダサイTシャツの山、バブルの時にみんなが来てたような柄物のセーター、知らない歌手の写真の入ったトレーナー。25歳以降のottoしか知らない私はちょっとottoの青春時代を垣間見たようでおもしろかった。それでも一緒に住むようになって1年が過ぎ、処分する、すると言ってまだタンスに眠ってるこれらのものたち。そろそろ本気で整理してもらいたい。
その上、この前洗濯物を干してる時に靴下に穴が開いてたので、「この靴下捨てるよ~」とゴミ箱に捨てたところ、「え?両方とも穴開いてるの?」って聞いて来た。「ううん、片方だけだよ」と言うと、「じゃあ、片方取っておこう!」
?????で、その片方でどうするわけ?手を入れて腹話術でもするつもり?またいらんもんが増えるやろ!
ottoの捨てれない病、果たして今後治りますでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。