スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お得な2006年夏

ほんとこうもお天気がいいと、単純な私は

「は~スイスっていい国だなぁ」

なんて錯覚してしまうんです。なぜ、錯覚か?

長くて、暗くて寒ーい冬が来ると、どよ~んとなっちゃって、この天気から一生抜け出せないのでは?まで思っちゃうんです。
でもスイスの冬も3度目。楽しいこといっぱい家に持ち込んで、冬眠しようと思っています。って息子がいたらムリだわね(涙)


さて、ここのところ、タダのイベントが続いている我が家。
この前は、山の上のホテルで見る映画がラジオであたりました。

そして、今回は・・・

某銀行からのお誘いを受け、チューリッヒ湖の辺りで行われている

Zuercher Theater Spektakel

に行って来ました。

チューリッヒ湖は遊覧船の発着場でおなじみのビュークリプラッツから船に乗って、ラングヴィーゼで下車。
お天気も良くて、ちょっとした船の旅が味わえました。

着いてみると、そこは人、人、人!!!
お天気が良かったので、子供連れの人がとっても多かったです。
これならきっとceyも楽しめたはず!と置いて来てしまったことに後悔。

ちょっとしたお祭りになっていて、屋台とか、パントマイムのお兄さん達、ドラムを叩いて踊ってる人達、みんな夏の名残を楽しんでいました。

私たちは、某銀行が出している大きなテント内でアペロをいただきました。
担当の銀行員も彼女を連れて来るというカジュアルさ。
ottoはネクタイにスーツ。私もそれなりにスーツにヒールなんか履いて・・・
少々、ドレッシー過ぎたかなぁ・・・なんて思いましたが、これがスイスの分からないところ。結婚式にも、

「え?ミグロに行く途中に寄ったん?」

と思われるような人も来ます(笑)


そして、それから観劇です。
これが、今晩、息子を連れて来れなかった理由だったんです。
歩きたくて仕方ない、息子を90分もじっと座らせるのは至難の業。そしてまた、そういう場に子供はタブーがお決まりです。

私たちが見た劇はこれ・・・
Young @ Heart Chorus
によるミュージカル Road to Nowhere

まぁ、正直、期待してなかったんです。
どんな劇か、下調べもせずに行きました。


が・・・


もうすっかり大ファン!!!


68歳から94歳までの俳優さんで構成されているこのグループ。
歌を中心としたお芝居なのですが、その歌がすごい。
ストーンズを始め、U2、ボブ・ディラン、ビートルズ、終いにはRadioheadまで!

紳士なルックスのおじいさんが歌う「マイウェイ」は、会社の飲み会でマイクを離さないおやじなんか比べものにならないくらいの説得力。

20060902140137.gif


笑いあり、涙ありのこのミュージカル。本当におすすめです。
残念ながらこのチューリッヒでの公演は終了ですが、またどこかで会いたいな~って思います。


さて、次は何を無料で楽しめるかしら?!(←すっかり味しめてる!)
いや~、この何でもお高いスイスでほんとある意味、貴重です!!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

私も今朝、自転車で走ってるときに、ここに住んでるのも悪くないなー、なんて思ってたんです! 
その劇を見たら、元気がもらえそうですね。
素敵です! 

このミュージカルとっても楽しそうだ!
いいなーーー。
旦那様とラブラブデートができて羨ましい。

あんみつさん

ほんと住めば都かな・・・ですよね。
天気のいい日は本当にそう思えるんですけどね、でも冬はちょっと・・・長ーいのがちっと私にはキツいです(涙)

和さん

この劇団はアメリカのですから、きっと和さんも見れる機会があると思います。
是非!とってもおすすめですよ。
「老いる」っていいなぁって思えました。
非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。