スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミアちゃん

いつまでーも、我が家のドアの前にはパンプキンが飾ってあったので、いい加減、クリスマスものとして、ポインセチアの鉢植えに変えました。
そう考えたら1年って本当に早いですね。

今日、近所の園芸店に行ったら、去年もののクリスマスグッズが50%オフで棚卸しをしていたので、ワイヤーとクリスタルでできた、なんとも私が好きそうな小さなツリーを買ってしまいました。
クリスマスって便乗のお買い物が多くないですか?財布のヒモを閉めとかなくちゃ!ってがま口なんですわ・・・



先日、バルコニーのドアを開けっ放しにしていると子供の泣く声が聞こえてきました。
最初は、

「あれ、あれ、泣いてるわ~」

って感じだったんですが、次第に・・・

ぎゃーぉえええええ びゃーんゎわわわわわ

みたいになって来て、どんな子が泣いてるのか、どんなお母さんがここまで泣かしてるのか(笑)っていう好奇心からさりげなくバルコニーの掃除なんかを始めてみました。
幸い、ceyは自分の部屋で昼寝中でした。


最初はまだお母さんしか見えなくて、どうも子供が数メートル後ろでダダをこねて動かないようです。

お母さんは、

「こっちおいで、ミア!」「シャッツリー(スイスドイツ語でハニー)、おいで!」

なんて誘ってるんですが、このミアちゃん、ビクとも動かない!
やるじゃん、ミアちゃん・・・なんて思いながら、
ゴミのないバルコニーをひたすら掃除(笑)

それでもお母さんは一向にミアちゃんを迎えに行く様子はありません。
一緒に散歩について来たと見られる大きな犬もあきれ顔で勝手に散歩。

3分程したでしょうか、ようやくミアちゃんが動きました!
私のバルコニーから見える位置に、モコモコにお洋服を着た子がよちよちやってきました。

泣き叫び、止まって、また思い出したように泣く!


ちょうどお母さんと目が合ったので、話しかけてみました。

私「何歳ですか?」

お母さん「17ヶ月なの」

私「歩くのとっても上手ですね。うちにも22ヶ月の息子がいますよ。今寝てますけど」

お母さん「あら起こさなかったらいいけど。一回泣くと何が気に食わないのかずっと泣く事あるの」

私「うちもたまにありますよ。でも彼女は強そうですね(笑)」

お母さん「女の子が強いのは好きだけど、こうも強いとちょっとストレスになっちゃう」


私たちが話始めるとミアちゃんがバルコニーの私を見つけました。
ミアちゃんは黒人の女の子でした。大きな目に涙をいっぱい溜めて、私を見てまた泣きました!(笑)



子育てって毎日同じことの繰り返しのように見える。

だって、朝起きて、洗濯して、掃除して、ご飯作って、オムツ変えて、散歩行って、お買い物行って、遊んで、歌って、寝かしつけて・・・
でもどうしてもうまく行かない時がある。

そういう時は、息子が必死になって遊んでる顔とか寝顔を見て

「あぁ、あの顔ottoもするなぁ・・・」とか

「このえくぼが出てるのは私似だなぁ」とか

そうやってささやかな喜びを見つけては、自分たちの子供だってことを再認識して、明日またガンバロウ!って思うんです。

でも、このお母さんはきっと違うところでミアちゃんとの生活に喜びを見つけ、幸せを感じて、明日またガンバロウ!って思ってるんだなぁ。

あのミアちゃんの強さカッコよかったなぁ・・・
あのお母さん、心の大きい人だったなぁ・・・

と最後にはお母さんの手をむぎゅっと掴んで歩き始めたミアちゃんとお母さんの背中を見て思いました。

子育てって国が違っても、文化が違っても、家族が違っても基本は一緒。
愛なんですね~。

バルコニーから見えたあのお母さんの辛抱強さ、優しさ、寛大さ、見習わなくてはいけないなって思いました。



バルコニーもキレイになったし(笑)家族愛にも触れた午後でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

男子より女子の方が頑固だったりするのよね~。うちの花さんもミアちゃんと同じような「てこでも動かない」って時期ありましたわ。今では無駄な争いを避ける術を習得した母ちゃんですけど(笑)

バルコニーきれいになってよかったね~。

ミアちゃんとミアちゃんのお母さんのやりとりも、ukoさんのceyくんの寝ている姿を見てささやかな喜びを感じているのも、すっごく暖かい気持ちになりながら、そうそう!って共感しちゃいました。思わず眠っている息子の顔、覗きに行っちゃいました。(笑)
ukoさんはミアちゃん親子に励まされ、私はukoさんに励まされて、よし!がんばろう!っていう気持ちになりました。

子育てって、本当面白いよね。子供が駄々こねて、ぎゃ~ぎゃ~泣いて、思うようにことが進まなくて、はぁ・・・と思っても、子供の笑顔を見た瞬間、今までギスギスしていた心がパッと暖かくなって、すべてOK!になっちゃうもんね。あぁ、なんて単純な私(笑)。

ミアちゃん。坊が産まれる前、もし女の子だったら”名前リスト”にそういえば入っていたな~。

meiz-bikさま

そうそう、女の子はおしゃまさんだから、こだわりも強いんだよね。
でもいいんじゃん?それぐらいで!

ミアちゃんはほんと強い目をした子でした。チラッとブランジェリーナのザハラちゃんを思い出したよ。

flumさん

flumさんの坊ちゃんの寝顔、きっとかわいいだろうなぁ~!
私はあのLiaちゃんとこの坊のお誕生日パーティー以来なので、蝶ネクタイしたまま寝てるのを想像してしまいました(笑)
そんなーこたぁーないよね!

Liaちゃん

そうなんだよね~。さっきまでイライラしてた自分が恥ずかしいぐらいの笑顔でニコってされたら、もうとろけますぅ。

じゃぁ、第二子にミアちゃんいかが?
漢字もステキなのがあてれそうだし、響きもかわいいもんね!
非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。