スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標は高く!

先日の実家からの荷物の中に「ピンクの手袋」が入っていました。

私は冬になってお湯を使い始めると途端に手が荒れてきます。
最初のうちは気をつけてゴム手袋をはめて~ってなんてするんですが、忙しくてそれどころじゃない!

そこでまこちゃんが「指先ナイトケア」を送ってくれたわけです。

お風呂上がりにハンドクリームをたっぷり塗って手袋をはめます。
1人ラッツアンドスター状態(笑)
寝酒も手袋のまま、本読むのも手袋のまま、夜中ceyが起きても手袋したまま頬をそっと撫でる(笑)

そうこうしてるうち手荒れもかなりよくなり、タイツが指先で引っかからずずっと履けるようになりました。

まこちゃんに先日電話すると、


「あの手袋2枚組やってんけど、片方、パパがしてるから」


どうやら冬の手荒れ、こうしちゃん譲りのようです(笑)




さて、昨日は村のドイツ語学校のテストでした。
テストなんて受けるのひっさしぶりなんで、ちょっぴり緊張しましたが、なーんの勉強もせずに受けちゃいました。

指定された教室に入ると、20人ぐらいの人達が。
出身国が分かりやすい人、分かりにくい人、子連れの人、おばあさん。
あぁ、こうやってみんなドイツ語を習いに来たんだなって思うと、ガンバロウって思いました。

テストは1時半からだったんですが、10分遅れぐらいで髪の毛を後ろにひっつめた男性が入ってきました。
耳がどうも痛いらしく、耳を押さえてうーうー言ってます。
しかもテストだと言うのに筆記用具1つも持って来てなくて、先生に借りてました。
そしてものの5分でテストを仕上げさっさと出て行ってしまいました。


誰?あんた・・・



クラス中の人が自分のテストそっちのけで興味津々でした(笑)


帰りに教室の後ろの方を見ると、近所でたまに会って挨拶ぐらいはするアジア人の女性が。
彼女確か、スイスドイツ語ペラペラなのに・・・

聞けばスイス在住16年で、スイスドイツ語しか話せず、読み書きがほとんどできないってことらしい。

ふーん、そういうこともあるんだね。
日本人ってどっちかと言うと文法タイプで耳からだけ覚える言葉って結構苦手だけどね。


まぁ、どのクラスになるか分からないけど目標は高く、今年は「あきらめない年」にしたいなぁと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ラッツアンドスターにうけてしまった(笑)

おおー、ドイツ語学校行かれるのですね。頑張ってくださいね!
おばあさんも受講しようだなんて、びっくりです。
その後ろ髪ひっつめ男は、すごいできるから5分だったのか、それとも適当にやって5分だったのか、とても気になります。彼と同じクラスになったら、ネタになりそう(笑)

私、ハンドクリームは片っ端から試してます。この前日本に帰った時に、懐かしい「ももの花」ハンドクリームを買ってきましたが、効用はもう一つでした。今はドイツ製の蜜蝋入りというのを使ってます。すんごいこってりしてます。

ほんと、外国語は私も文法からやらないと、全くダメなタイプです。その耳痛男性、すぐ帰ってくれてよかったような。ずっとウーウーってうなられたら怖いですもんね。(笑)

あ~「いなせだね~♪」って耳から離れない~。何気に昔レコード持ってたんだよね。ラッツ&スターそっからハマってかなりマニアな路線もいったりした・・。

ドイツ語学校いよいよですわねっ!そうそう、目標は高く!母ちゃんみたいに2回で挫折してはいけませんぞ(爆)
私さ、結構耳から入る人でそのうちそのアジア人女性みたいになりそうで・・・。

子連れでドイツ語学校ってありなんですねー。
う~ん、子供が居るからっていい訳にならないなんてっ!
でもそうやって頑張っている人がいると刺激されますよねー。
うちも今年から、ドイツ語生活にボチボチ切り替えはじめましたぁ。
ツ、ツライっす・・

ukoさん、学校がんばってくださーい☆

ももも。さん

毎晩、私も手袋を確認しながら、「よし!ラッツ&スター」って(笑)

おばあさんはね、英語圏の人でした。老後をスイスで生活かな?って思ってみたり・・・。

私きっと耳の痛い人と同じクラスですよ。そういう変な運、昔からあります。

あんみつさん

ももの花、昔からありますよね。きっと天然成分でいいんでしょうね。
私は匂いがキツいものがダメなので、そのドイツ製の蜜蝋入りが気になります。
こってりもいいですね~♪

日本人はやっぱり文法タイプでしょうかね~。

meiz-bikさん

「いなっせだね~夏を連れて来た人」
ってどういう人なんかとっても知りたい気持ちもあるんですがね~。
マニアな路線?!
あぁ、手袋肘の上までしてみたり?(笑)

母ちゃんは職場であれだけのスイス人とやりとりしてたら大丈夫。
ってところで数は数えられるようになったん?

akiちゃん

これも全て優しい愛しの義母(笑)が徒歩2分の所に住んでるからですの・・・(泣)
でもね、託児所も併設してくれてるんですよ、そこ。それも無料で。
むっちゃ良心的じゃないですか?
まぁ、ceyはどっちみちちっちゃすぎて無理だと思うんですけどね。
非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。