スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジック・サンデー

金曜日の朝、息子が起きるなり、

「オーパのでんしゃのえきできた?みたい!」

と言うので、オーマの家に行きたいならオーマに電話してみたら?って事で、息子にさせました。

「あ、オーマ?ceyじかんあるねんけど、あそぶ?」

・・・オーマも大爆笑。じゃ、遊んでもらってくださいってことで、徒歩1分ではありますが、初めて息子一人で義母宅へ行きました。


義父の趣味は、「電車の模型」
ottoが子どもの頃は、地下のホビーラウム(趣味の部屋)に線路を一面に敷き、たくさんの電車を走らせていたようですが、その趣味もしばらくお休みしてて、定年近くもなり、ceyも喜ぶので、ここ数年少しずつ再熱しています。

先日、義父が新しい模型の駅舎を購入し、それを細かい窓の1つ1つまで丁寧に組み立て、電気配線も完了したので、ceyもやっと遊ばせてもらえるようになりました。

息子は男の子の割には、結構手先が優しくちょこんと座って、私にも分からないようなコントローラーを扱って、電車を器用に走らせます。

そんなこんなの電車つながりで、日曜の本日、蒸気機関車に乗って来ました。

IMG_1206.jpg

IMG_1207.jpg

IMG_1211.jpg

これは「Dampfbahn-Romantik im Zuercher Oberland」と言うもので、蒸気機関車が好きで、守っていきたいという組合、クラブ(Dampfbahn-Verein Zuercher Oberland)の皆さんが5月から10月までの第1、第3日曜日、通常の電車の線路の一部を借りて走らすというものです。

車内から見える景色は、普段見てるものとそう変わらないのに、なぜかとってもノスタルジックで、そしてお天気も良かったので、スイスの秋がとてもキレイに見えました。

IMG_1191.jpg

IMG_1193.jpg

息子は必死に色んなものを観察してるようで、目をキョロキョロ言葉少なめに真剣そのものでした。時折聞こえる汽笛も古い音で、うーん、なんとも趣きがあります。

その後、4年前に私たちの結婚式のアペロをした、山の飛行場へ。
お天気がよかったので、たくさんの人達がショートフライを楽しんでいました。
(ここでの写真は腐る程あるので今回は割愛 笑)
ここで午後のコーヒーを楽しみ、帰宅したのでした。

全然遠くへは旅行も行ってないし、予定もないけど、近場で小さい秋を見つけたようで、なんだかとっても満足。
今日は素直に「あぁ、なんてキレイな国に住んでるんだろう」と思えました。(いつものスイスのバカヤローはちょっと置いといて・・・)


10月は19日の日曜日で今年最後です。
ご興味のある方は是非!結構おもしろいですよ!

http://www.dvzo.ch


*********************

ハンドメイドイベント「Hand in Hand」

h-i-h_logo2.jpg
http://handmadech.exblog.jp

只今参加者募集中!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。