スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ottoとの夕べ

スイスの夏は暗くなるのがとっても遅い。22時過ぎてもまだほんのり暗いぐらい。だから9時過ぎても子供が遊ぶ、遊ぶ。バルコニーから見える向かいのアパートの子供達も夜遅くまで遊び過ぎて、終いにはママに閉め出され泣いて抗議してる(笑)

あまりにも気持ちのよい夜だったので、ottoと2人、1991年ものワインを開け、チーズにサラミ、生ハム、ぶどうなんかで乾杯した。バルコニーにキャンドルを灯してなんちゃってデートのようだった。
あ~いいなあこういう時間の過ごし方。ottoが5時には帰宅して7時までにはceyのお風呂入れも終了して、7時半にはceyを寝かせる。それから後は夫婦の時間。ottoと今日1日のことを話す。
ceyのこと、将来のこと、2人のこと、たまには政治の話なんかも。

私はこういう時間がとても贅沢だと思う。ブランド物にも興味ないし、指輪だっていらない(ほんと?)。けど、家族でこうしてなんでも話し合って、笑って泣いて、怒って・・・いいなあ。
ottoと付き合ってる時はこんなに早くパピになってくれるとは思ってなかったけど、なかなか様になってきた。もうドキドキの恋ではないかもしれないけど、私はこの人を愛してるのだと再確認した。
なんちゃって、年代物のワインに酔ってしまった夜でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。