スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャーミャとミューミュ

その昔、私がまだ小さかった頃、うちのパパは自営業だったので、日曜日がお休みではありませんでした。

子供ながらにやっぱり悲しい思いもしましたが、その分パパのことが大好きだったのです。

ママが家族の時間を少しでも多く取ろうと、子供がいる家庭にしては遅い夕食を、パパの帰宅を待って3人でいただきました。

そしてパパと一緒にお風呂に入り、

「♪夜空の星に祈りを捧ぐ~♪」と歌い、

「ママには内緒よ」と昔の彼女を海で助けた武勇伝を聞き、

お風呂の淵で「1人オリンピック」をしてジャンプして飛び込み、

寝る時にはパパの創作物語「猫のミャーミャとミューミュ」をベッドでうとうとしながら聞きました。




・・・そして今の私は、少ないけれど息子に童謡を教え、

「パパには内緒よ」と息子と2人でプリンを食べ、

寝る時にはやっぱり「猫のミャーミャとミューミュ」の話を聞かせています。



そんな簡単には会えないけれど、じいじとまこちゃんのこと毎日話して聞かせてるからね。

遠く離れていても近くに感じる親の愛。

・・・私もこうやって育てられたんだなぁと息子の手をつなぐたび、思い出します。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。