スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kayのあたま3

さ、寒いです・・・
やっぱり氷点下になると寒さが違いますね。
コートの下にもう1枚必要です。


さて、先週金曜日、kayの3回目のカイロの日。
とりあえず、「全て左の生活」を意識してから初めての検診。
それでなくても先生恐いのに・・・成果が出てなかったらどうしよう・・・

眠くて機嫌の悪いkayをだましだまし・・・
服を脱がせおむつ一丁で先生の登場を待つ。


「先生、頭どうなすったの???」



申し分のないぐらいつるっと丸い頭の先生。
でも今日は頭のてっぺんに大きな絆創膏が!!


聞きたい、どうしはったんか、むっちゃ聞きたい・・・
でも恐くて聞けない・・・
絶対、横にいるottoも気になってるはず・・・(笑)


もちろん小心者の私たち、そんなことは聞けず。
早速kayの検診開始。


「ああ、いいですね。ちょっと改善されていますよ」


ホッ・・・

「そうなんですよ、先生。全部左、左でね、生活して、結構大変でした・・・」と切り替えそうかなと思った矢先、


「でもこれ以上は無理ですね」


ガーーーーン、やっぱりそうっすか・・・そんな感じがしました。


頭蓋骨の矯正はやはり、頭蓋骨が閉じる6ヶ月までが有効と言われているそうです。
kayは産まれたときから気付いてた割には、治療開始が遅く・・・
とは言っても、本当に小さいうち、首も座ってない赤ちゃんから治療が出来るかって言うと疑問なわけで。

今思えば、1ヶ月早く先生に診せられたかな?とも思いますが、ま、仕方ない。


結局、頭の平らな部分、kayにとって右側は、頭の構造上どうしても向きやすい。
寝てる時もゴロンと頭がそっちに向いちゃうし。

でもその右側が当たれば当たる程、圧力がかかり右側はいつまでたってもぺっちゃんこ。
それを防ぐためにヘルメットをかぶり、右側に圧力がかからないようにし、自然と内側から外へ頭蓋骨が成形できるように促すのだそうです。


でも先生は最終決断は親御さんです、とおっしゃいました。

保険がきかないので費用面と、やっぱり親の努力。
1日23時間装着だから、お出かけ時も着用。
最初は慣れないから眠れない夜も続くだろう・・・

金曜日が検診だったので、週末考えて月曜日にお電話くださいと言われました。


帰りの車の中、ottoと話し合いました。

今、この時点でkayの1番を思えば、ヘルメット装着がベストだと思われる。
6ヶ月まで時間があまりないのだし、やれることは全てやってあげたい。
眠れない夜なんてへっちゃら。
kayは慣れずに泣くと思うけど、短期間で終わらすためにも今頑張ってもらうしかない。
他人の気になる目・・・そんなこと気にしてたらここじゃ生きて行けない!


帰りの車の中で結論既に出ていました。


ヘルメット装着!!


ホッとしたのか、kayが不憫だと思ったのか、歪んで産んじゃった自分を責めたのか、これから始るヘルメット生活を思ったのか、涙がつーーーと流れて来ました。

パパが私の手をぎゅっと握り、

「大丈夫。これも思い返せばいい思い出だって。健康には間違いないのだから、それを感謝しよう」


「ほんまやね、kay渋いからきっとヘルメットも似合うよね!」


と一緒に笑いました。



と言うわけでクリスマス前の忙しい最中、あっちこっち飛び回っておりますが、kayのためならえんやこら!で頑張っております。


それでなくても息子1、たまに家の中でもヘルメットかぶって遊んでますので、それが×2ってことで、急に我が家のヘルメット装着率上昇ですが(笑)

人に好奇の目で見られたり、聞かれたら、

「こう見えても自転車にもう乗れるんです!」

とか

「兄弟ボブスレーでオリンピック狙ってるんです」


とでも言って軽ーく流しましょう(笑)


kayの頭、いつか先生のように丸ーくなりますように!(笑)髪の毛つきで(爆)


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。