スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ceyの成長

雪が最後に降ったのっていつだっけっていうぐらい雪が当たり前の毎日。昨日、ceyを連れて「パパママ支援団体」みたいなとこに行って来た。これは自治体が無料で提供しているもので、パパママになった人なら無料で相談したり、質問したりできるものだ。私のように新米ママにはありがたい。担当の女性を勝手にすんごい年配の人を想像していたら、意外にも若い女性でビックリ。しかも英語を話してくれるので尚、ありがたい。(っていい加減、ドイツ語話せよって?)早速、訳の分かってないceyの服を全部脱がせ体重と身長を測ってもらう。すでに5キロ、身長も出生時より6.5cmも伸びている。は~毎日飽きずに同じミルク飲んでここまで育つんだからほんと母乳ってすごい!
帰りに近所に住むソフィアちゃんとママに会って立ち話。ソフィアちゃんは縦に伸びてるらしく新生児用バギーがもうきついらしい。うちのceyと2ヶ月違いなのにね。中を覗くとブルーの目がキラキラしてた。ほんとお人形さんみたい。でもソフィアちゃんのママはうちのceyをべた褒めで「こんなにきれいな赤ちゃんみたことない!」「すんごいしっかりしたお顔ね」「髪も多いし、肌もきれい!」って自分の子供を誉められるって悪い気しないんだなあ~なんてえらく客観的に思った。

日本からもお祝いがぞくぞく届いていて(みなさん、ほんとありがとうございます。)中のカードを見るとほんとみんな決まったように「ukoが赤ちゃんを産むなんて信じられません!」って書いてある。って言うか、ほんとたまに私自身も「ん?私ってそう言えばママなんだ」なんて思ってしまう。そう、ceyにとってはただの母乳マシーンではなくれっきとしたママなのだ。ceyを胸に抱いてその暖かみを肌で感じているとなんとも不思議な気持ちになる。「あ~生きてるんだ、この子も既に人間なんだ」もちろんそうなんだけど、なぜかいつもそう思っちゃう。
育児書に[子供は自分で育つもの。親はその力を信じて」って書いてあった。その通りだと思う。昨日できなかったことが今日できてる。子供ってすごい!でもceyくん、人生3回生きてきたみたいな顔してるけど、もうしばらくパパとママの助けを必要としてね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。