スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マミだって泣いちゃうよ

ますますひどくなってきたceyの夜泣き。ottoと私の意見が炸裂(笑)金曜日の夜、あまりにもすぐ起きて寝ないし、このままでは私もくたばっちゃうからと思って、私達のベッドに連れて行こうとしたらottoが「そんなことしたらダメ!ボクも寝れないでしょ」って言ったからceyを連れて2人でソファーで寝た。その時からすでに私はプチ切れ状態。
土曜の朝、体のあちこちが痛みながら起きるとottoが「ukoどれぐらい寝れたの?」って聞いてきた。そこで、爆発!(笑)

「ちょっとあんたねー、自分が寝れないってじゃあ、私はどうなるわけ?毎回、ceyが泣く度に結局見に行くのは私でしょ?5時に起きて会社に行くあんたのために邪魔にならないように一生懸命ceyの面倒見てるのに、口で言うのは簡単だわよ!じゃあ、実際寝かしつけてごらんよ、寝ないceyにイラッてきちゃう気持ち分かるの!!!」
かな~り、効いたようです。この週末自分からすすんでceyの面倒見る見る(笑)
でも結論、短い睡眠はceyにとってもしんどいもの。彼はすでにちょっと泣けばママが来る、ちょろいちょろい!と思ってるから、たまにパパが行くと余計に泣き出す(笑)
ここで、土曜の夜、おしゃぶりがとれただけで泣く息子をまずは10分泣かしたままにしておく。そして10分たったらottoが様子を見に行く。
だって8時に寝て9時にはまた泣く。絶対にお腹がすいたからでもないし、おむつが濡れてるわけでもない。つまり理由もなく泣いてるわけで、結局12時と2時に泣いてottoがおしゃぶりをさしに行ったけど、3時に泣いた時は見に行くまでもなく自分で泣きつかれて寝た。それから朝の8時まで1度も起きず。
この夜泣き対処法は自分の部屋の自分のベッドで寝る赤ちゃん対象とアメリカの育児書には書いてあった。でも最初の10分、私も辛くてつーっと涙が出てしまった。でも自分で寝入ることができないceyもきっと辛いはず。ほんとにこのやり方が正しいか、ceyに効くかは分からないけど、とりあえずパパもママもいるよってことを分かってもらって熟睡してほしい。ほんと子育てって試行錯誤の連続です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。