スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕食 義母付き

徒歩2分の所に住む義理の両親達。今、義父が出張の最中。週末には帰って来るらしいけど、合計2週間。
義母と近所のスーパーに一緒に行って「どう?寂しい?」って聞いてみたら、「むこうも寂しいんだって。こんなに離れるのって心臓の手術の時以来だもんね」だって。でもミグロ(スーパー)で涙ぐまれてもね・・・
なんなんでしょうか、これって。愛?聞いたら絶対に「
愛だわ!」と言い返されそうだったので聞きませんでしたけど、不思議。
私の義理の両親を見た人に「ukoちゃんとこの義理の両親って似てるよね~」って言われた。うちのottoに似てるのかと思ったら、義父と義母が似てるんだって。
まあ、夫婦って似て来るって言うよな。私も友達にottoと似てると言われてる。

愛を恥ずかしくもなく公言できるのはスバラシイと思う。まあ、まこちゃんもよく「愛してるよ~」なんて電話で言ってくる。
でもたった2週間だよ。週末には帰って来るんだよ。あなたもうおばあちゃんなんだよ。って色々義母のこと考えたらやっぱりこの人は自立できてないのかなあ、なんて思う。だからと言って甘えて育てられたわけでもなさそうだし、結婚も実際は反対されても義父と一緒になったと言う強い部分もあるし・・・
でも2週間で泣いてたらわたしゃーどうなるんじゃ!国を捨てて(捨てたの?)出て来てるんだぞ!なんかこのへんのとこが経験ない人には分からないところなのよね。
好きな人(息子)と一緒になれたんだからいいじゃないって思ってると思う。いや、確かにとってもとても幸せですよ。それに自分の全ての環境を引き連れたまま幸せになろうなんて思ってもないよ。でもね、なんだか・・・2週間の出張で寂しさにくれる義母を見て、かわいそうと思う気持ちもあり、なんじゃこりゃ?と思う気持ちもあり・・・複雑。

で、結局寂しそうな義母を夕食に誘った。(ここが私なのよね・・・)
ケーキを持って来てくれた。ceyも囲んでの夕食。確かに1人で食べるよりおいしいよね。
で、寝る前にふと思った。なんで私はなんじゃこりゃ?と思ったのか。

それは・・・きっと、私が彼女の中に「女」を見たから。義母はね、いくつになっても「女」だと思ってる。それはそれでいいこと。うちのまこちゃんだって、最近ダイエットに成功して(ってもともとおばさん体型では全くないけども)常にきれいでいてくれるんだけど、ママはママ。「女」としては見てない。
私が言う「女」って言うのは性別ではなく、なんて言うのかな・・・ちょっとずるいとか、いやらしいとか、恥ずかしいとかなんかそういうぷ~んと香るようなもの。香水みたいな。
だからと言って義母がとても女らしいかと言うとそうではない。格好はトラッドで常にパール系できちっとしててどっちかと言うと先生系。でもね、徒歩2分の所を息子に送って行かせるあたり、やっぱり「女」だ。

でももしかしたらこれは息子を持つ母のあり方なのかもしれない。私もいつかceyの彼女かお嫁さんに「義母はいつまでも女だわ」って言われたら正直うれしいかもなあ。どうなんだろう。20年後ぐらいにもう1度、考えますか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。