スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気のいい、チューリッヒで。

金曜はお友達に会いに街まで行って来た。お友達の女の子は2歳。初めて会った時はまだまだバギーに乗って歩けなかったのに、電車に乗ってバギーなしで来たんだって!栗色の髪にピンをとめて、かわゆい!
駅近くのカフェに入りおしゃべりをした。ceyもそこでおっぱいを飲み(どこでも出す私)さほど機嫌も悪くならずいてくれてホッ。それから天気も良かったので次の駅まで歩いた。

なんかceyがもっと小さい時、街に出るのも「泣かないかな」ってハラハラだったけど、もう今ならあんまりこわくない。私がずぶとくなったのか、それともceyが散歩を楽しむようになたのかは分からないけど、だってceyだって社会の一員だもん、社会に赤ちゃんとして参加してもいいのではと思い始めた。それに赤ちゃんが泣くのは自己表現の一環なのでそこまで神経質に気にしなくてもいいなって思った。
いや~私、強くなったな。母は強しと言うけれど、この子に強くさせてもらってるのだと思う。始めからできるママなんていないし、子供と共に成長できればと思う。
私1人じゃ頭でっかちになってかたよっちゃうけど、ottoがいてくれるから調和がとれてる。
こうやって日記書いてる今も、ceyの笑い声とottoの笑い声が聞こえる。私、幸せだなあ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

uko

  • Author:uko
  • uko・・・ステキ奥様目指して日々模索中36歳。

    otto(夫)・・・サッカーとワインをこよなく愛すスイス人42歳。

    cey(息子1)・・・かわいい!よりカッコいい!って言われたい、7歳。

    kay(息子2)・・・口癖は「ねぇ、Wii???」3歳。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。